無線LANルーターの規格と選び方

無線LANルーターの通信規格には11bや11gや11aや11nや11acなどの種類があります。

これらの規格は種類ごとに対応している周波数や電波の強度や速度などが異なっています。現在最もハイスペックなのは11acという規格に対応している無線LANルーターです。11acでは2.4Ghz帯と5Ghz帯の2つの帯域を使うことができ、2つの帯域を使い分けることで高速な通信を実現できます。2.4Ghz帯はルーターとデバイスの間にコンクリートの壁などがあっても問題なく通信が行えて、壁やドアなどの障害物などの影響を受けにくい周波数です。

5Ghz帯は障害物には弱くコンクリートの壁などがあると、著しく影響を受けるために速度の低下や安定性の低下が発生します。しかし5Ghzの場合には障害物に弱い代わりに、ほかの電波との干渉による影響を受けにくいというメリットもあります。2.4Ghzの場合には電子レンジなどがあると電波の影響を受けて、速度や安定性が低下しますが5Ghzなら電波の干渉の心配がありません。

また11acは最新の規格ですが古い規格にも対応しているので、最新のデバイスから古いデバイスまで様々な機器で無線接続が行えます。11acなどの極力最新の規格に対応した無線LANルーターを選ぶことが、無線LANルーターの選び方の基本的なポイントになります。電波の強度を求める場合にはアンテナが複数搭載されているものを選ぶという選び方や、MU-MIMO規格に対応したものを選ぶという選び方もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *