iPhoneXとは??

Appleから新製品iPhoneXが発売されることが決定しました。
この製品は今までのiPhoneとどのように違い、どのような性能を有しているのでしょうか。

そこで、iPhoneXのスペックについて紹介したいと思います。



まずはディスプレイ。

ディスプレイサイズは5.8インチと今までのiPhoneシリーズより大きくなっているほか、現行のiPhoneよりも解像度は1.4倍高くなっており、高精細な画面を楽しむことができます。

また、周囲の環境の光に合わせてディスプレイのホワイトバランスが調整されるという機能がついているので、自動的に最適な明るさで製品を使用できます。

また、機能としては初めて認証システムが導入され、またホームボタンが廃止されるという画期的な変更も行われました。


そしてワイヤレス充電にも対応しているので、コンセントに煩わされることなくスムーズに充電することが可能です。今までは充電する機器ごとにケーブルで接続する必要がありましたが、ワイヤレス充電であれば複数の機器を1つの台座に乗せて充電することができるので、家族で複数のiPhoneXを所有することになってもすっきり充電できます。


また、バッテリー性能も向上し、バッテリー持続時間はiPhone7より2時間も延長しています。
Appleの10周年記念モデルということもあり、非常に高性能なiPhoneX。熾烈な予約競争が予想されますが、ぜひ手に入れてみてください。先日プレスリリースされたiPhoneXはiPhone史上で一番の高性能・高級感のある機種として高い注目を集めました。

iPhoneはもともと一度購入すれば数年は利用できるスマートフォン端末ということで高い評価を受けているわけですが、iPhoneXは従来のiPhone以上に長期間の利用に耐えることができる機種だと考えられます。


そこで仮にiPhoneXを5年間利用することを考えて、最もお得に利用できるおすすめの運用方法について、紹介を行っていきたいと思います。


まず、ドコモ、au、ソフトバンクの大手携帯キャリアと契約して利用する場合ですが、この利用方法はおすすめできません。



大手携帯キャリアのプランは2年毎に機種変更を行うことを前提に考えられたプランであるため、2年を超えて利用し続ける場合には、ランニングコストが割高になってしまうのです。



逆にiPhoneXを2年限定の使い捨て端末として利用しようと考えている人にはおすすめができます。
では、iPhoneXを5年間利用することを考慮した場合にどの方法がおすすめなのかといいますと、アップルストアでシムロックフリーの端末を購入し、格安SIMで利用する利用方法がおすすめとなります。
この方法ですと、初期費用としてiPhoneの本体価格を全額負担する必要が生じますが、毎月のランニングコストは音声通話機能が付いたプランでも1200円程度からとなるので、5年間のトータルコストは大手携帯キャリアと契約するよりも遥かに安くなるのです。