新しく発売されたiPhoneXについて

iPhoneXは本体のデザインが大きく変わりました。

全面スクリーンとなり、ホームボタンも無くなりました。


スクリーンには、有機ELのOLEDが搭載されており、今まで以上に高いコントラスト比の綺麗な画像を楽しむことができます。

このOLEDの特徴は、今まで採用されていた液晶と比べて動きが速い動画でもチラつきがほとんど発生しない利点もあります。


そのため、全面スクリーンの5.8インチiPhoneXでは、今まで以上に迫力のある動きの速い動画でも存分に楽しむことができるのではないでしょうか。
次に、本体については、フレームは医療で使われているステンレススチールが使われています。


前面と背面のガラスの耐久性についても歴代トップの性能となっています。

もちろん、本体の耐水仕様は維持されているため、様々な環境でも今まで以上に使いやすいのではないでしょうか。
また、充電方式については、ワイヤレスにも対応しており、空港や喫茶店などで採用されている充電ステーションなどもそのまま利用することができます。

ただし、自宅でワイヤレス充電をしたい方は、その規格に対応したものを用意する必要があります。


もちろん、iPhoneX購入時に付属しているケーブルを用いた充電との併用も可能です。
最後に、iPhoneXは指紋認証から顔認証に認証方式が変更になっていたり、使い勝手が少し違う部分もありますが、最新のOSを搭載した革新的なデザインの製品となっています。

iPhoneXは、2017年秋に発売されます。

読み方は、ローマ数字の10を意味するXが使用され、iPhoneX(ten)と呼ばれています。

今回発売されたこのiPhoneXは、歴代に発売されたモデルから重量感が増し、174gです。昨年発売された7モデルが138gでしたから、大きさが数ミリ程度しか変わらないことからも最先端の技術がギッシリと詰め込まれたハイグレードな製品となっています。


価格については、正規店舗で直接購入する場合、発売当初の価格は税抜き11万2800円となっています。
正規店舗では、12回分割払いを選択した場合でも分割金利は発生しません。



なお、携帯電話各社で契約をする場合については、様々な割引や現在利用している端末の下取りが利用できるため、お得に購入できる場合もあります。また、iPhoneXの特徴として、初めてこのシリーズで全画面有機ELディスプレイが採用され注目を集めていますが、それ以外にも動画撮影機能がかなり強化されています。



特に光学ズームが4K撮影をする際にも利用ができ、60fpsの撮影が可能です。

そのため、以前の端末よりも綺麗な動画をより滑らかに撮影できるようになりました。

iPhoneXのSIMカードの大きさについては、ナノサイズがそのまま採用されているため、SIMロックなどの問題がなければ、7モデルからの乗り換えを検討されている方でもそのまま簡単に利用することができます。